アトピーの保湿剤と保湿成分

乾燥
引用元 〈みんなの肌潤糖:アトピーケア

アトピー性皮膚炎のアレルギーには、保湿が効果てき面です。アトピーの保湿ケアですが、皮膚の水分を保持するスキンケアがうってつけです。アトピーのアレルギーの肌は乾燥肌で、乾燥しがちになっています。水分量が減少している肌に、外気の水分の吸着ができる保湿剤をつかってみることをお勧めいたします。

このタイプの保湿剤は、外気に存在する水分を吸着し、保湿する成分が配合されています。こうした保湿剤の代表的な成分としてグリセリン・アミノ酸類があります。

水分を抱え込む保湿剤は、角質層や肌の表面で水分を抱え込み、保湿してくれるようになります。代表的な成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンです。水分を挟み込む保湿剤もあります。この保湿剤は、特に強い保湿力を持っていると言われています。代表的な成分は、セラミド、水素添加大豆レシチン、スフィンゴ脂質です。

アトピー性皮膚炎にもっとも効果的な成分はセラミドと言われています。セラミド配合の保湿剤は、ヒト型セラミドや天然セラミドが良いです。保湿剤選びでは、含まれている保湿成分がどのような種類なのかにも着目をすることが肝心です。保湿成分や保湿剤によっては、より効果的にアトピー性皮膚炎の保湿ケアをすることができるようになります。